新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「第1回 Japan マーケティング Week 関西」レポート~3日目~

9月9日(水)~11日(金)の3日間、「第1回 Japan マーケティング Week 関西」を開催しました。

本記事では最終日となる3日目、9月11日(金)の様子をお伝えします。


使ってみたくなるグッズやアプリを多数展示!「販促EXPO」「店舗運営EXPO」のブースを紹介。


3日目は、販促EXPOと店舗運営EXPOのブースを紹介します。

販促EXPOではオリジナルのデザインや、アイディア満載のグッズが展示。

画像1

ノートやメモ・カレンダーなどの紙をオリジナルで製造しているニヨド印刷さん。
ニヨド印刷さんがある高知県は、実は全国ナンバーワンの森林県。木や紙でどんなことができるかを試行錯誤し、ヒノキ製のまな板の廃材を使ったリングノートや、紙製のファイルやマスクケースなどを取り扱っています。

画像2

ブースで特に人気だったのは「パタパタメモ」。4つ折りのメモ帳はポケットに入る大きさで、厚みもちょうどいいメモです。
https://www.niyodo-press.co.jp/

画像3

ギフトパッドさんがブースで紹介していたのはサンクスチケット。
QRコードでキャンペーンページへとリンクし、ギフトを選ぶことができます。通常のカタログギフトとは違い、ギフトの中身をカスタマイズできることが特徴です。ギフトの価格帯は500円~10万円と幅広いため、来場特典・成約特典などさまざまな用途に活用ができます。

画像4

ブースでは印刷されたサンクスチケットの例を多数展示していましたが、ギフトパッドさんではキャンペーンページのデザインも行っているためオンラインでもチケットを利用することができます。
https://giftpad.jp/


店舗運営EXPOでは人手不足や決済方法の増加など、店舗に関する課題解決に特化したサービスやツールが展示。

画像5

CMでもおなじみ、バイトアプリを提供するタイミーさん。
ブースはアプリのキャラクターと企業カラーの黄色をベースとしています。
「タイミー」は急に人手が必要になった時、企業側が求人情報を入力して人手を募集。手数料は支払う給料の30%。必要な時だけに費用が発生するため、企業が利用しやすいポイントです。

画像6

出退勤はQRコードで管理され、即金性もあるためすぐに給料が欲しいというアプリの利用者にとっても利用しやすいアプリとなっています。
https://timee.co.jp/

セミナーではコロナ禍におけるマーケティングのヒントが!


最終日も開場時間と同時に、セミナーを開始。

セミナー会場MではEC戦略をテーマにし、(株)オプトエグゼクティブ・スペシャリスト パートナー/オムニチャネルイノベーションセンター センター長 伴様をお招きしました。セミナーのタイトルは 『With COVID-19時代のECと顧客コミュニケーション戦略』。

コロナ禍になる以前よりお客様の価値観の変化は注目されていて、その価値観に対応したブランド、店舗がぞくぞくと出てきている。そしてオンラインの利便性とオフラインの体験性を組み合わせたブランドも多くなっている、というお話からはじまりました。

コロナ禍では購買が店舗からECへと移っていくため、お客様のデータをデジタルで取る傾向が強まる。配送前提のパッケージになる、といったことが日本でも増えていくとのこと。
また、ECでの課題は目当ての商品以外をどうやって買ってもらうか。その解決策として、ライブストリーミングでオンライン接客を行うという手法が出てきています。
さらにコロナ禍で変わったのは、ECを購入する層。今までは若年層向けと思われていたものが、50代のアクティブシニアへも広がっている。そのため、はじめて訪れるお客様にとって分かりやすく、繰り返し利用できるようなECであることが売り上げにつながっていくというお話でした。


・・・・・

展示会は17時で閉場となりました。
関西では初開催となった「Japan マーケティング Week」。
無事に展示会を開催することができたのは、出展社の皆さま、講演をしてくださった皆さま、ご来場くださった皆さまのご協力のおかげです。事務局一同、感謝の気持ちでいっぱいです。
コロナ禍の中、さまざまな対策へのご協力もありがとうございました。

本記事で、「第1回 Japan マーケティング Week 関西」のレポートは終了となります。
展示会というリアルな場での雰囲気を感じていただけたらと思います。

今後も様々な記事をアップしますのでよろしくお願いします!
1
多くの企業、製品やサービス、そして人と情報が集まる展示会。 このnoteではマーケティングの基礎知識から最先端のトレンド、さまざまな分野で活躍される方々へのインタビューを通して日々のマーケティングに「ひらめき」を届け、展示会での素敵な「出会い」につなげるお手伝いをします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。