2025年には当たり前になる? ビジネスの成長には欠かせない「DX」とは
見出し画像

2025年には当たり前になる? ビジネスの成長には欠かせない「DX」とは

こんにちは。JapanマーケティングWeek事務局です。

「DX」という言葉を最近よく耳にしますが、実際のところどういう意味なのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

DXは正確に言うと「デジタルトランスフォーメーション」で、デジタル技術によって人々の生活をよりよいものに変えることを意味しています。

「DX」の言葉の由来

この言葉が初めて出たのは2004年、スウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって発表された論文の中で使われていました。
「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と発表されています。

日本でも経済産業省が、「DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」という報告書を発表しています。

2025年には21年以上稼働している昔ながらのシステムが6割以上になり、IT関連の人材不足は43万人になると予想されています。
昔から使用しているシステムを刷新することができなければ、2025年以降には現在の3倍となる年間12兆円の経済損失が生まれる可能性がある、と書かれています。

今から早いうちに日本中の企業がDXを進めていけば、2025年にはDXは当たり前の日常になっているかもしれません。

本当の「DX」の意味とは?

ではひとつ質問です。

「紙の書類と印鑑を電子化すること」はDXと呼べるでしょうか?

答えは「NO」です。
「紙の書類と印鑑を電子化すること」は単なるデジタル化にすぎません。

紙と印鑑を電子化することで「紙の出力が減り、経費が削減できる」「社員が印鑑を押すためだけの出社がなくなる」「在宅でもタイムリーに担当者が確認できる」など生産性の向上・コスト削減・時間短縮につなげて初めてDXと呼ぶことができるのです。

営業シーンや店舗でのDXって具体的にどんなもの?

では、実際に営業や店舗ではどのようにDXを行っているのでしょうか。

・名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、正確にデータ化
 ⇒企業内の人脈の管理・共有、社内の連携を促進する機能で効率的に顧客データを管理!

・顧客情報と営業報告で営業プロセスを可視化
 ⇒商談管理とともにメンバー全員で状況把握が可能。成果向上と組織の一体化を実現!

・店舗にAI搭載の防犯カメラを設置し、来客者のデータを収集
 ⇒来客者数や属性の分析が可能に。データの基づいたマーケティングや運営を行える!

など、単純にクラウドやAIを利用して時短を行うだけではなく「今までできなかったことを新たに産み出す」ことに本当のDXの意義があるといえます

これらは、Japan マーケティング Week【関西】で実際に見ることができる製品・ツールです。

・法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」
・営業支援ツール「Knowledge Suite」
・最先端AI搭載のクラウドAI防犯カメラ「ミルシル」

出展製品はこちらからご確認いただけます。
https://www.sp-world-kansai.jp/ja-jp/directory/2021kansai/exhibitor.html

ぜひ、会場で実物もチェックしてみてください。

DXについて知りたいなら、このセミナー

Japan マーケティング Week【関西】では、DXについて具体的にどのような戦略を取るべきかの講演が行われます。

(株)ecbeing 林氏による
「ニューノーマル 新しい消費スタイルと小売DXの在り方」

画像1


(株)船井総合研究所 大山氏による
「変化し続ける消費者を正しく捉え自社の優良顧客にするDX戦略

画像3


ナレッジスイート(株)飯岡氏による
「テレワーク時代に営業効率を劇的に上げる営業DX戦略とは?」

画像3


といったセミナーを開催します。
ご聴講いただくことで、「DX」についてより理解を深めることができます。
ぜひ、ご参加ください。

セミナーの詳細を見る
https://reed-speaker.jp/Seminar/2021/jmwk/top/

Japan マーケティング Week【関西】について

Japan マーケティング Week【関西】は、8つの専門展で構成された西日本最大の「マーケティングの総合展」です。
マーケティング・販売促進・広告宣伝・店舗運営・営業推進などの方にとって、売上アップ・ブランディング・集客力アップなど、貴社の課題解決に絶好の場です。

今回ご紹介したDXをはじめ、CX・ブランディング戦略、サステナブルなどをどのように営業や店舗運営、マーケティングに結びつけるかのヒントがたくさん詰まったイベントになります。

会期:2021年9月29日(水)~10日1日(金)10:00~17:00
会場:インテックス大阪 5号館

ご来場には、招待券が必要です。
事前にお申し込みいただくことで、¥5,000/人が無料になります。

▼招待券を申し込む(無料)
https://www.sp-world-kansai.jp/ja-jp/inv.html

■構成展
Japan マーケティング Week【関西】は8つの専門展で構成されています。
第2回【関西】販促 EXPO
第2回【関西】Web・SNS活用EXPO
第2回【関西】営業支援 EXPO
第2回【関西】看板・ディスプレイ EXPO
第2回【関西】店舗運営 EXPO
第2回【関西】リアル広告EXPO
第1回【関西】海外プロモーション EXPO
第1回【関西】CX・顧客育成EXPO

■コロナ対策について
会場内では、徹底したコロナ安全対策を実施し、政府・自治体および展示会業界のガイドラインを基に、安全を確保し開催いたします。
詳細はこちらをご覧ください >> https://www.sp-world-kansai.jp/ja-jp/visit/statement.html

2021年9月29日(水)〜10月1日(金)
インテックス大阪で皆様とお会いできるのを心より楽しみにしております。
公式サイト:https://www.sp-world-kansai.jp

よろしければTwitter・Facebookへのシェアもお願いします!
世の中のあらゆる モノ・コト・情報が集まる展示会。 このnoteではマーケ基礎知識から最先端のトレンド、様々な分野で活躍する方へのインタビューを発信していきます。皆さんの日々に「ひらめき」を届け、展示会での素敵な「出会い」につなげるお手伝いが出来たらという想いで立ち上げました。